クラブのご紹介

私たちは、生活を豊かにする手段として、情報機器の操作方法や アプリの活用方法を、 多くの方にとりわけシニア世代に向けて 発信し続けています。

【活動の目的】

特定非営利活動法人仙台シニアネットクラブは、主に宮城県内の シニア世代を対象として活動しています。 パソコンやスマートフォン など情報機器の講習会を通して、世代間や地域間の情報交換を活発にして、 社会の中で自分の生きがいを見出すことができるような条件を整えることを目指して、 2010年3月にNPO法人として設立されました。 2018年9月には仙台市から認定を受け認定NPOとなることができました。

情報社会に生き続けるシニア世代として、いつまでも自ら情報交流の発展を図ることが実感できるように、 後押しをしていく事が私たちの願いです

【活動概要】

主に、仙台市を中心として次のような活動に取り組んでいます。

  • 仙台市と共催する「高齢者のためのパソコン講座」
  • 当クラブが主催するパソコンやタブレットの講座
  • 他団体が主催する講座への講師派遣
  • シルバーセンター、老人福祉センター、小鶴・大野田老人福祉センタ
  • 他の講座への派遣(塩竃市、宮城いきいき学園、NHK、かんぽ生命)

これらの活動の推進にあたっては、 「シニアの会員が、シニアの受講生の皆さんに、 パソコンやタブレットを教える。」 という基本に立って、 「21世紀に生きる私たちシニアが情報端末の利用を通して心豊かなセカンドライフを 展開できるように支援する。」ことを念頭に活動しています。 また、シルバーセンターや老人福祉センターの行事にも積極的に参加しています。

いまは、活動範囲を少し広げて、町内会実務講習会や親子でアニメーションを 楽しむ活動も始めています。 また「不登校児童支援パソコン教室」、 「無料パソコン相談会」などの社会貢献活動にも参加しています。

【ご支援に感謝】

講座を進めていく上で、講座受講のシニアの皆さまはもちろん、 仙台市・各センターなどたくさんの方々からご支援・ご協力をいただいています。 私たちの活動は財政的には市民、県民の皆様からの寄付に支えられています。 今日まで事業を続けて来られたのもこの支援の賜物と感謝し、 心よりお礼申し上げます。

これからもシニアのITライフを支える取り組みに励んで参ります ので、よろしくお願い申し上げます。